Monthly Archives: 9月 2016

離婚で失うもの

カップルが別れるのとは違い、離婚をする際には、どうしても世間体を気にする必要もあると言えます。離婚を何の考えも無しにしてしまうと、何かと大切な物を失ってしまう可能性がありますので、充分注意が必要です。

例えば、離婚理由によっては、社会的信用を失う場合があります。
片方の不倫が理由の場合などが分かりやすいケースですが、離婚をすることで職場でも信頼を無くし、場合によっては退職に追い込まれるという場合もあることを、頭に入れておきましょう。もちろん一部の職場の話ですが、離婚はそれだけ、慎重に事を進めなければいけないということです。

次に、お子さんが居る場合ですが、親権争いに敗れた際、お子さんとの生活を失う可能性があります。
場合によっては養育費の支払い、慰謝料の支払いなど、離婚をすることによって財産を大きく失うこともありますので、離婚協議の際には弁護士に相談をするなど慎重に行動をする必要があると言えるでしょう。

離婚は紙切れ一枚の契約ではありますが、契約は契約です。法的拘束力が発生する非常に重要な契約ですので、離婚をする際には、それ相応の覚悟が必要になると言えるでしょう。離婚のタイミング、切り出し方を間違えないように、充分考えてから行動を行いましょう。


バッドタイミングは?

離婚をする際には、お互いが話し合いをして、了承をしたうえで離婚をすることがベストですが、中には話し合いが進まず、離婚に至るまで大変な労力を使うという方も少なくありません。出来る限り離婚をスムーズに行うためには、離婚を切り出すタイミングも大切ですので、よく考えておくと良いでしょう。

例えば、お子さんが出来たタイミングや、お子さんがまだ小さいうちの離婚を切り出すのは、非常にバッドタイミングと言えます。
お子さんへ精神的負担をかけるだけではなく、転校問題や苗字の問題、親権や養育費の問題など、ただでさえ大変な離婚協議がより大変なものに変わりますので、あまりオススメできません。DV被害などの余程の事情が無い限り、良いタイミングとは言えないでしょう。

また、どちらかの両親が体を壊しているという時など、どちらかが精神的に追い詰められている時に切り出すのも良くないでしょう。何かの理由で追い詰められている際に、トドメに離婚を突き付けられた結果、最悪自殺をしてしまうという方も居ますので、注意が必要です。
離婚を切り出すタイミングは、相手の精神的状況を踏まえた上で切り出すのが、最もお互いの為にも大切だと言えるでしょう。


ベストタイミングは?

離婚をする際に重要なのは、そのタイミングです。お互いの為にも、一番良いタイミングで離婚がするべきと言えるのですが、ベストタイミングと言えるのは、主にこれらのタイミングと言えるでしょう。

まず一つ目は、お子さんが独立をした際の離婚です。
お子さんがまだ扶養となっている場合は、何かと考えなければいけないこともありますが、独立をしてからは話が別。離婚をするタイミングとしては、最もベストと言えるでしょう。

二つ目は、お子さんが出来る前です。
お子さんが出来てしまってからでは離婚をするにも、親権問題や、お子さんの養育費の問題などもありますし、そう簡単には離婚が成立しません。また、再婚を希望している方は、お子さんが居ることで再婚をしにくくなるとケースも少なくありませんので、お子さんを作ろうとしている夫婦は特に、お子さんが出来る前にも決断をしてしまった方が良いと言えるでしょう。

主にこの二つのタイミングが、離婚にはベストタイミングと言えますが、これらのタイミングを逃してしまっても、離婚を我慢する必要はありません。お子さんが居る場合はお子さんを優先しなければいけませんが、お子さんが居ない場合は、よくお互いに話をして、離婚を決断するべきでしょう。


離婚するということ

男女間には様々なトラブルがつきものですが、その中でも代表格と言えるのが、離婚問題です。
一度は愛し合って結婚をしたという夫婦でも、時間が経つとともに、憎みあうほどの仲になってしまうというケースも珍しくありません。世間体などが気になり双方我慢をして夫婦関係を続けるというケースもありますが、一度きりの人生、時間を無駄にしてしまわない為にも、離婚をするという選択肢も、頭に入れて置いて損は無いでしょう。

離婚をするとなるとそう簡単に行かないと考えているという方も居るかもしれませんが、結婚は基本的に、紙切れ一枚の契約で行われているだけです。極端な話、離婚届さえ提出してしまえば、離婚は成立してしまいます。
ですが、離婚をする際には、メリットがある反面、デメリットももちろんあるという事を、頭に入れておかなければいけません。

まず、住宅環境や経済環境など、離婚後はガラッと変わるという事を良く頭に入れておきましょう。離婚をした後は一人で生きて行かなければいけない場合がほとんどですので、何も考えずに離婚をすると、路頭に迷ってしまうケースもあります。
離婚後の生活をよく考えたうえで、離婚を決断しなければいけません。

そして、離婚をする=世間的にバツイチというレッテルを貼られるということも忘れてはいけません。再婚希望をする際には、このレッテルが邪魔をすることも少なくありませんので、相手選びにも何かと苦戦をするという事を、よく理解しておきましょう。